とるたべる通信

こんにちは。「とるたべる」です。 「畑はもっと楽しい。もっとおいしい。」畑の魅力をもっとみなさんに知ってもらいたい。そんな思いで今日も畑とあなたと向き合っております。

「東北食べる通信。赤皿貝を食すレポ。」

 

f:id:naokinoki777:20181205210913j:plain

 

こんにちは。

とるたべるのスギヤマです。

 

ずいぶん前から購読させていただいている

「東北食べる通信」

 

毎月、情報誌とともに東北地区の「食材」が届く、

というとってもステキなとりくみ。

 

n-style.hateblo.jp

※昔に書いた食べる通信の記事です。

 

今月もとってもステキな食材

「赤皿貝」が届きました。

 

f:id:naokinoki777:20181205211643j:plain

 

強い甘みが人気で、昔から漁師さんは食用に用いていたようですが、

傷むのが早く、鮮度をたもつのがむずかしいことから

あまり世間には流通していなかった貝なのだそうです。

 

養殖のカキやホタテに付着して作業を邪魔するので、

長らく「雑物(ざつぶつ)」として本業の人たちからは嫌がられていたことも。

 

そんな「雑物」としての過去(いまも?)を持つ赤皿貝が今回の主役。

 

こういった、いままで「脇役」で、

スポットライトをあてられることのなかった生産物が

こうして日の目を浴びる、というのもこのメディアのいいところ。

 

「お野菜たちにスポットライトをあてたい!」

と思っている自分も勉強になります。

 

f:id:naokinoki777:20181205213005j:plain

 

この「赤皿貝」。

さばくのを担当するはスギヤマ家のイソウロウ「ショウくん」。

魚介類の調理は彼におまかせです。

 

f:id:naokinoki777:20181205213121j:plain

 

あ、ちなみにこの貝を開くためのピックも付録でついてきました。

いつも、食べる側への心づかいを感じ、あったかい気持ちになります。

 

f:id:naokinoki777:20181205213252j:plain

f:id:naokinoki777:20181205213323j:plain

 

さばき方もこうして写真入りで解説してくれています。

ありがたいですね。

 

f:id:naokinoki777:20181205213601j:plain

 

うーん、おいしそう。

 

f:id:naokinoki777:20181205213650j:plain

 

今回はメニューにあった、こちらの「酒蒸し、肝醤油につけて」な食べ方と、

シンプルにお刺身、そしてバター焼きを試してみました。

 

f:id:naokinoki777:20181205213825j:plain

 

う、うまい。

(おいしすぎて恒例の料理写真撮り忘れ。)

 

雑誌にも書いてあったとおり、濃厚な甘み。

刺し身でも。加熱するとさらにそれが増す感覚です。

 

とってもしあわせな時間。

 

自分もつねに思うのですが、

この「手間」ってやつが、いまの時代とくに重要で。

 

どんどん手間をかけないように時代が進んでいるので、

この「手間」はぼくら世代にとっては絶対的な「価値」に変わってきています。

 

この「赤皿貝」が我が家に届くまでに、

どのような「手間」があったのか。

 

その生産者さんが、どんな人生を送って、

この生産物にたどり着いたのか。どこに向かっているのか。

 

f:id:naokinoki777:20181205214210j:plain

 

そんないろんなことを考えさせてくれる雑誌です。

 

調理にかかる「手間」もまるごと味わって、

とっても贅沢な時間を過ごさせていただきます。

 

いつもありがとうございます。東北食べる通信。

これからもよろしくお願いします。

 

あ、ちなみに来月は「馬面剥(うまづらはぎ)」ですって。

f:id:naokinoki777:20181205214352j:plain

もしご興味あればぜひ購読してみてください。

とってもおすすめです。

 

ぼくが購読しているのは「東北食べる通信」ですが、

各地の「食べる通信」がありますので、

興味のある地域を選んでみてください。

taberu.me

 

今日もお付き合い、ありがとうございましたm(_ _)m

「食べる通信」。コンセプトが大好きで、

ぼくら「とるたべる」も通信のしごと、頑張っていきたいです。

また遊びにきてくださいね。スギヤマでした。

 

 

 

思いをつらつら。「note」も更新しています。

note.mu

 

畑にもあそびにきてくださいねー

 

toru-taberu.hatenablog.com

 

「いろいろな、はたらき方。」

こんにちは。

とるたべるのスギヤマです。

f:id:naokinoki777:20181008222247j:plain

今日は、農園見学を企画してから、

はじめてのお客さんが来てくれました。

 

toru-taberu.hatenablog.com

 

南知多からは少し離れた、車で1時間ほどかかる場所。

遠い場所からはるばる来てくれました。

 

まだまだ20代で、いろいろなはたらき方を見て回りたい、という思いのもと、ブログをたどってぼくらの農園まで足をはこんでくれました。

 

集合場所に到着。受付を済ませます。

 

一緒に畑を見てまわり、

一緒に水菜の定植を。

オクラ、ツルムラサキサトイモの収穫も体験してもらいました。

 

そのあとは妻につくってもらったサンドウィッチとコーヒー、さっき採ったツルムラサキを茹でて、お味噌和えに。ゆっくりお話タイム。いろんなお話させてもらいました。

 

ふだん畑での生活ばかりなので、こういうふれあいの時間はあたらしい話も聞けて、とても刺激的です。

 

お野菜のこと、農業のこと、植物のこと、自然のこと。

いろんな話ができました。

 

改めて自分はこの「伝える」っていうこと、とても大切にしたいなあ、と。そのために農業をやっていると言っても過言ではないです。

 

「農業の魅力をー」!とか、「自然のすばらしさをー」!とかそんな肩に力の入った情報ではなく、

 

もっともっと、この「あるがまま」を。飾らない、いまの「ありかた」みたいなところを、リアルな部分をさらけ出せたらな。

 

ぼくらが人生をかけて、いま選択して、向き合わせてもらっている「農業」という道は、どんなネットの情報よりも、より生々しく、中身の濃い情報であると、そう思っています(思っています!笑)

 

決して、大先輩たちのような立派な「農業」っていうものは見せられないけれど、

 

これからもこうして、ひとりひとりの人とと畑を通して向き合っていきたいと、そう思っております。

 

みなさんも、お時間ありましたら、ぜひぼくらの畑にあそびにきてみてくださいね。畑のいろいろな表情、お見せできると思います。

 

今日もご覧くださり、ありがとうございました。

少しずつ寒くなってきています。体調に気をつけてお過ごしください。

 

スギヤマ

 

*農園見学受付中* 

toru-taberu.hatenablog.com

 

 

*note、はじめてみました。

 

note.mu

「あなたの台所と、わたしの畑。」

 

 

みなさん、こんにちは。

"とるたべる"のスギヤマです。

 

今日は三連休のなか日。

名古屋で行われる、月に一回のお野菜マルシェでした。

 

f:id:naokinoki777:20180923235421j:plain

※おかげさまで完売!ありがとうございます。

 

 

最近は端境期(はざかいき)といわれ、お野菜の少ない時期。なかなかマルシェに持っていける野菜も少ないのですが、なかなか「行かない」という選択肢もとれません。

 

開始前、準備の段階から、お客さんがいらっしゃいます。その後もいつも来てくださる、ほぼ皆勤賞のみなさま。

 

「前回たべたあのお野菜、おいしかったよ」

 

「この前は甘酢漬けで食べたから、今度は梅酢で食べてみようかな」

 

「私はこっちのお野菜のほうが好きだったけれど、子どもはこっちのほうが好きみたいなので、今日はこっちのお野菜をください」

 

などなど。

 

マルシェも続けていくと、お客さんとの関係性が少しずつですができてきます。そんな関係が心地よく、野菜づくりのモチベーションにもなります。

 

こんなことが続くと、なかなか「お野菜すくないので行きません」ができなくなってしまいます。

 

仕事をする上での「売上」ってもちろん大切ですが、その目に見えない周りとの「関係性」

 

ぼくらみたいな新参者は、先輩たちよりも余計に大切にしなくちゃいけないものなんだろうなあ。日々感じております。(もちろん、みなさんそこを大切にしてるので長く続いているのですが)

 

自分が野菜をきちんとつくりたい理由は、ほぼこの部分で、「生産者と消費者」というよりも「あなたと、わたし」っていう関係でありたいと思っています。

 

「あなたの台所と、わたしの畑」そこを少しだけでも協力できるような"パートナー"的な存在でありたいな、と。

 

心地のいい人間関係、信頼関係。そのうえに「お野菜」がのっかるような。そこに、「安心」だったり、「おいしさ」だったりがのっかていくとさらにうれしいです。し、そうしていきたいと思っています。

 

「自分がどんな生産者であれるか」ってどんな生産者さんも日々、その作物と真剣勝負で、命がけで向き合い、魂のこもった生産物を作り込んでいます。

 

その、ほんの一端、ちょーっとした一部分だけでも、マルシェやこんな文章でお伝えできればなあと思っています。

 

そのお野菜の向こう側には、どんな生産者さんが、どう野菜と向き合ってきたんでしょうか。お野菜の向こう側にはたくさんの物語であふれています。

 

今日も最後までありがとうございました。

今日もステキな食卓になりますように。

スギヤマでした。

 

*農園見学受付中です。

「畑にあそびにきませんか?」

toru-taberu.hatenablog.com

 

「畑にあそびにきませんか?」

 

みなさん、こんにちは。

とるたべるのスギヤマです。

 

とるたべるの農園見学をお受けしようと思います。

 

f:id:naokinoki777:20180914075227j:plain

 

新規就農した若手農家のお話や、

畑のお話、畑ですごす時間、

おやさいの試食・販売

土いじり、お野菜の収穫

 

など、なかなかふだんできない体験をしてもらおうかな、と。

 

 

 

もともとぼくが農業をこころざした理由は、

「畑を、伝ええたい」

 

ということ。

 

 

21世紀の情報社会にうまれそだっているぼくら。

こういった生々しい、「肌で感じる情報」って

ほとんどうけとる機会がありません。

 

 

どうしても、「誰かが与えた情報を受け取る」ということが

メインになりがちなぼくらのふだんの生活。

 

 

畑は、自分で情報を発信しませんが、

何万もの知識をぼくらにあたえるチカラがあります。

 

 

それは、教えてもらうのではなく、

ぼくらが直接「感じる」ということで

うけとることができます。

 

昔はこういったことが「あたりまえ」だったのでしょうが、

ぼくらの世代は意識的にこういう「場所」

自分ででかけていかないと受け取ることができなくなっています。

 

それだけのチカラを畑は持っている、と

ぼくは信じていますし、自分でかんじています。

 

 

こういった経験は、

信じられないほど、人生を豊かにしてくれます。

 

 

土壌は、たくさんの微生物で豊かなほうが、

おやさいはすくすく育ちます。

 

ぼくらもそれと一緒で、

 

心が豊かであればあるほど、

人生はステキになっていきます。

 

それは、どれだけたくさんの「経験をしたか」

とても大切だと思っています。

 

 

畑にはそれがありますし、

ぜひ経験すべきものだと思います。

 

ですが、世の中にはなかなか、受け入れをしてくれる農家さんって多くありません。

 

やってしまわなくてはいけない作業が、日々めまぐるしく襲ってきますので、

なかなかお客さんの対応まで手が回りません。

 

ですが自分はもともと、「農業がやりたい!」という思いよりも、

「畑を伝えたい」という思いのほうが強いため、どうしても

この部分を抜きにしては、畑をやる意味がなくなってしまいます。

 

なので、手間をおしんででも、みなさんと畑と向き合う時間を多くつくりたいとおもっています。 

 

こういった機会を提供することが、

ぼく自身の夢でもありました。

 

少しずつ、草刈りも進み、

お客さんをまねいても大丈夫かな、と

思えるような畑になってきました。笑

 

 

畑ですごす時間、

きっとあなたの人生を豊かにしてくれると思います。

 

ぜひとるたべるの畑に遊びに来てみてください。

 

 

◆◆◆

 

 

<とるたべるの農園見学>

 

内容:

・畑のお話、新米農家のお話

・畑の見学

・おやさいの試食

・おやさいの販売

 

場所:

・愛知県、知多半島の先端、南知多町の「山海」という場所になります。

詳細はお申し込み後に連絡させていただきます。

知多半島道路「古布」ICで降りてすぐです。

 

持ちもの:

・お飲みもの

・レジャーシート、イスなど

・帽子、タオル、上着など体温調節できるもの

・長靴、運動靴など汚れても良い服装、着替えなど

 

料金:

おひとりさま1000円となります。

※中学生以下の方は、保護者の方同伴いただける場合は無料となります。

 

※オプション

・収穫体験はおひとりさま1000円。(おやさい5品目ほど)

 

お問い合わせ、お申込み

 

以下のメールアドレスにご連絡ください。

n.style4biz.jp@gmail.com

 

事前にこちらのアンケートにご記入いただけると、

よりスムーズなご案内をさせていだけますので

ぜひご協力ください。

 

 

とるたべる、農園見学のお申込み

 

 

それでは、畑にてお待ちしております。

 

スギヤマ

「秋、冬、やさい、準備中。」

 

みなさん、こんにちは。

とるたべるのスギヤマです。

 

すっかり秋ですね。

少し前からですが、畑でも

秋、冬野菜の準備がはじまっています。

 

f:id:naokinoki777:20180914061004j:plain

ハクサイ植えるチヒロ。ちっちゃい苗…。苗づくりむずかしいです。

 

いまは9月。

一年を通してやさいがつくれる、恵まれた愛知県。

 

この時期のメインの作業としては、

植え付け種まきが中心になってきます。

 

いまの季節は、農家さんにとってはいわゆる

「農閑期(のうかんき)」と言われます。

 

農が閑散とする時期

 

お野菜の種類が少なくなってしまうときですね。

 

基本的にお野菜たちは、

暑さにつよい「夏やさい」と、

寒くても大丈夫な「冬やさい」が中心メンバーになります。

 

 

秋の閑散とする時期に野菜を収穫しようと思うと、

夏まっ盛りのとても暑い時期に"苗"をつくらなくてはいけません。

 

寒さが得意なおやさいたちは、やっぱり暑さには弱く…。

 

上手に苗がそだってくれません。

 

なので、この少し暑さもやわらぐ秋から種まきシーズン、

ということになりますね。

 

f:id:naokinoki777:20180914063455j:plain

ハクサイの苗。苗づくり難しいです…。笑

 

この時期は、お野菜の種類は少なくなるのですが、

農家さん的には大忙しでございまして。

 

 

土を耕して、畝を立てて、マルチシートをかけて、

種をまいて、苗を育てて、土に植えて、

ポールを立てて、ネットをかけて、、

 

と準備を進めていかないと、

冬用のお野菜が準備不足になってしまいます。

 

f:id:naokinoki777:20180914063718j:plain

マルチを張るチヒロ。手ぎわの良いこと。

 

 

とりあえず植えてしまわないと、

なにも始まりません。

 

この"農閑期"をいかにやりくりするかが、

農家さんの腕の見せどころになりますね。

 

 

夏やさいをできる限り、長持ちさせること、

秋冬やさいをすこしでも早いタイミングで

出荷をはじめること。

 

 

また、厳冬期でも収穫できるように苗をつくっていくこと。

 

 

f:id:naokinoki777:20180914063943j:plain

苗づくりのようす。マスタードリーフのたねがまいてありますね。

 

文字に起こすことは簡単ですが、

夏の暑さ、秋雨前線の長期化、台風の襲来、

ここ最近の予想外のどか雪など、

考えなくてはいけない自然からの試練がたくさんです。

 

こういった部分にいかに対応するか、

各農家なりの対応策があると思います。

 

対応というとおこがましいかもしれません。

ぼくらにできるのは準備だけですね。

備えておくくらいのことしかできません。

 

ぼくらもまだ未経験の部分ではありますが、

少しでも先輩たちの様子を観察しながら、

この冬に向けて準備を進めていきたいと思います。

 

巷ではハロウィンのフェアがはじまったり、

秋冬の衣服が見られるようになったりと、

こちらも秋冬に向けた準備が進行中。

 

今年はどんな冬になるのかな。

 

今日も最後までありがとうございました。

みなさんにとっていい冬が迎えられますように。

 

スギヤマでした。

 

 

 

 

畑の見学、受付してます。

toru-taberu.hatenablog.com

「このお野菜はいくらで売りますか?」

 

みなさん、こんにちは。

とるたべるのスギヤマです。

 

 

出荷作業が苦手です。

はい。

 

f:id:naokinoki777:20180912223059j:plain

 

農家にとって

いちばんたいせつな作業のひとつ

 

「出荷(しゅっか)」

 

たいせつにそだてたお野菜を売ることで、

野菜をお金にかえるとても大事な作業です。

 

 

出荷しなければ、

農家さんはお金をもらえません。

 

 

出荷しない野菜づくりは趣味ですね。

農業とはよべません。

 

 

出荷こそが農家の仕事であり、

基本であるわけであります。

 

が。

 

この「出荷」が、また、むずかしいのです…。

 

 

一般的なお野菜には、

基本的に「規格」というものがあります。

 

 

「この何cm以上は「Lサイズ」なので単価は〜円ですよー。」

とか、

「この色は秀品で、この色は規格外になりますよー。」

とか。

 

規格で決められて、それに見合った「相場」というものがあります。

 

 

ですが、ぼくらのように、

「自分でつくったものを自分で売る」

っていう人は、基本的にこの

「規格」「相場」がありません。

 

自分がつくったものに、自分で価格をつける。

 

これがまた…。

 

 

◆◆◆

 

 

例えばこのクウシンサイ。

 

f:id:naokinoki777:20180912221039j:plain

 

パッと見たようすは、普通なんですが、

 

f:id:naokinoki777:20180912221132j:plain

こんなスレ傷があったり、

 

f:id:naokinoki777:20180912221223j:plain

むしがかじった跡があったり…。

 

f:id:naokinoki777:20180912221300j:plain

くるっと、むしが隠れていたり…。

 

 

ひとつのお野菜でも、たくさんの

「これはどうなんだろう…」

 

が隠れております。

 

 

「これくらい、まいっか!」

としてしまうのは簡単です。

 

 

が。

 

 

こういうものを「良し」として売るのか。

それとも「ダメ」として捨ててしまうのか、

はたまた値下げするのか。

 

こういった判断はすべてじぶんでしなくてはいけません。

 

それを買ったお客さんが、

 

「高いじゃないの!」

「なあに、せっかく買ったのにいたんでる!」

「こんなもの買って損したわ!」

 

なんてなれば、

もう一生ぼくらのお野菜は買ってくれないかもしれません。

 

この商品ひとつを出荷するだけでも、

毎回、毎回の試行錯誤…。

 

「これで良いんだろうか」

「これはやめておこうか」

 

そんな判断がとてもむずかしいのです。

 

言ってもらえることばかりではないですからね。

静かに、売上が下がっていくだけです。

 

 

シビアな世界ですね。

 

 

ちゃんと良いものばっかりつくれれば、

こんな悩みも少ないのですが、

 

じゃあ「良いものって何?」ってなっていったり。

 

なかなか悩みはつきませんね。

 

こんな「自分で判断しなくてはいけない」この世界。

やっぱり農業はむずかおもろいです。

 

みなさんも、ぜひお野菜を手にとるさいは、

そんな農家さんの葛藤を感じながら選んでみてくださいね。

 

ひとつひとつのお野菜に、

そんなストーリーが隠れております。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

スギヤマでしたm(_ _)m

「はんまあ、ナイフ、もあー。」

 

みなさん、こんにちは。

とるたべるのスギヤマです。

 

「ハンマーナイフ・モア」

という武器を手に入れまして。

 

f:id:naokinoki777:20180911224436j:plain

(出展:グリーン・アルファ)

 

 

ウイーン!ガガガがが!!

 

 

こんなやつですね。

 

「モア」

って草刈り機のことです。

 

ゴルフ場の芝刈りなんかをイメージするとわかりやすいかもしれないです。

 

f:id:naokinoki777:20180911221258j:plain

(出展:ゴルフ場建設奮闘記)

 

 

こんなやつです。

 

 

とっても上手に、楽ちんに草を刈ってくれます。

 

 

こいつはありがたい。

 

 

◆◆◆

 

 

わたしたちにとって、

「草刈り」は切っても切りはなせない関係で。

 

草って、はえますもんね。すぐに。

 

草がはえると、

 

見ためが悪くなってしまったり、

害虫や病気の原因になってしまったり、

作業を遅らせてしまったりと、

 

なかなかにやっかいです。

 

この子たちを敵に回しますと、

なかなかめんどなので

 

どちらかというと

「上手につきあう」

ってくらいのほうが気持ちとして楽なのかもしれません。

 

 

◆◆◆

 

 

どれだけあがいても、

どうしてもはえてしまう「草」

 

「これでもかーいっ!」

ってくらい、いつもいつも刈ったり、とったりしてあげれば、

少しは良くなっていくかもしれません。

 

が、

 

そんなことばっかりしていは、

農作業のほうはどんどん遅れていってしまいます。

 

本末転倒ちゅうやつですね。

 

そんなときは、そう。

 

 

「文明の利器」。

 

 

 

「力」にたよります。

 

 

 

ぼくらの方向性として

 

「コストかけて結果を求めに行くのは、

 なんかちがう気がする。」

 

というものがあったのですが、

 

「野菜はみんなによろこんでもらってナンボ。」

 

という前提にたったとき、

こういった周辺のしごとは少ないほうがいい。

 

"かれら"とは上手に付き合って、

お野菜たちと向き合うじかんを増やしてあげたい。

 

そんな思いで新しく導入されました、この

「ハンマーナイフ・モア」

 

彼の仕事によって、

われわれの畑はさらに美しく、

清潔になっていくことでしょう!(…!!)

 

期待しております。

 

以上、機械化のなみにのまれている

とるたべるでした。

 

人生、「どうしよもないもの」ってありますから

 

みなさんも、

らくできるところは、らくしてくださいね。

 

どうもありがとうございました。